町田市 都市型と郊外の自然とが一体となった街

東京都下の町田市は行政的には非常に進んだ街とされ、他の東京都区内や都下の地域に比べて住民の行政費用が安いということが先ず挙げられます。

 

例えば、固定資産税等の不動産関係の税金も安く。又、地方の行政機関で行っている健康保険料や国民年金の保険料の負担額も他の地域に比べると安いということです。
此のようなことから、東京都内でも住んでみたい、又、引っ越しや移住(プチ移住とも言うらしい)を考えている人も多いと言われています。

 

東京町田市は都内へのアクセスも新宿まで30分という近さであり、都内へ勤めるサラリーマン層が多く住む街としても良く知られていて、又、若者が多く住む街としても有名であり、其のことは町田は市内周辺には桜美林、玉川、国士舘などの各種の大学の多くが存在していることもあるでしょう。

 

地域的には小田急の町田駅周辺は大型商業施設が並んでいて、若者のファッションの街とも言われておりますし、又、駅周辺や郊外地域にも昔からの賑やかな商店街を形成しています。

 

郊外に到ると自然が豊かな丘陵地帯を形成していて、薬師池公園や町田リス園、其れに町田牡丹園などの名所や緑地も数多く、市民や周辺住民の憩いの場にもなっております。

PR|草津市リフォーム工務店実績ランキング