欲しい建売住宅のイメージを夫婦で共有しておくこと

PR | 高崎市のモデルハウス見学なら | ゼロエネルギーハウスの注文住宅差がつくブラディングとはこだわりのデッドニング兵庫・姫路市の実績のある弁護士 |

「建売住宅で建てる!」と決めた際に、なんとな〜くでも「どんなマイホームが良いのか」ということを夫婦間で統一させておくことがいいでしょう。そうしないと、草津市でどのような建売住宅を探すのかがまとまりませんからね。

まあしかしそうは言いましても、いくら夫婦と言っても、他人とまったく意見が一致することもないでしょう。ですから、「どのような建売住宅が良いのか」という意見を完全に一致させないまでも、「譲れないポイント」は話し合っておくのが良いでしょう。

たとえば、旦那さんの「吹き抜けありの広めのリビングルーム」は優先させること、奥さんの「フローリングはオフホワイトカラー」ということ優先することといったように。また、細かく指定しないまでも、マイホームのイメージを共有しておくのは大切です。

たとえば南仏風ですとか、カナディアンハウスチックなものといったように。見切り発車でいろいろな建売住宅を見て回るのもいいですか、好みの住宅があるのでしたらある程度絞って建売住宅をまわった方が効率が良いですからね。

自分で外装などのデザインを自由に考えて実際に住むための住居を完成させる楽しみはマンションには無いことです。失敗しない家造りをするためには何度もデザインのプランを練り直す必要があります。良いデザインを考えたと思っても、もっと素晴らしい内装にするためには何が必要かを家族とじっくり考えるといいです。一戸建てのデザインを何度も考え直すことは時間がかかるので煩わしいと思ってしまいがちです。

しかし、安易に間取りを決めてしまうと想像とは違った雰囲気の一戸建てになってがっかりしてしまうので注意するべきです。私は天井が低い部屋に住むのが嫌だったです。心から安らぎを感じながら人生を送るためには部屋が広くて天井が高い部屋が必要だと思っていました。

私の家族は手間がかかる新築よりも中古の一戸建てに住みたがっていました。しかし、私はどうしても注文住宅を建てたい願望がありました。そのため、私は注文住宅のメリットを家族に必死に説明して一戸建てを建てることに賛成してもらいました。

<PR>|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|生命保険の口コミ.COM|お小遣いNET|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|