天井の低い一戸建ては圧迫感あり

一戸建て住宅を節約して建てたくても、天井を低くすることはオススメしません。それならば、一室あたりの部屋の面積を小さくして、天井はそのままの高さか、なんだったら少し高くするぐらいの方がいいと思うのです。なぜなら、うちの妹の家が天井が低い家ですから。

ここだけの話ですけれど、うちの妹の家の天井が低い家に対して、「すごく窮屈」だと思っています。一部吹き抜けをつけているとはいえ、リビングルームの天井の面積は吹き抜けよりも広いわけですから、狭苦しさを感じるのですよね。「リビングでは座っていることが多いので、低めの天井の面積が広くてもいいでしょう」という判断だそうですが、単純に息苦しさを感じます。

低めの天井の家は閉塞感を感じるのですよね。個人の感想ですし、妹からすれば自慢のマイホームですから否定はしませんが、ただオススメできるものではないと感じています。妹は気にしていないようですから、あくまで個人の感想になるとは思いますが、私は低め天井が苦手ですね。

カテゴリー: 新築一戸建て パーマリンク